どうも、横山です。

 

自分でビジネスをやっていると、「もう会社員には戻れないなー」なんて感じるのは事実だけど、

 

別にこれが正解だとは全くもって思わない。

 

要するに大事なことは、自分がどうしたいのかってことです。

 

普通の幸せが欲しいって人は、公務員で定年まで働けばいいと思うし、

 

会社員としての不満が何もない人は、定年まで会社員でいいと思う。

 

逆に、人の下で働くのが嫌なら、自分でビジネスをやればいいだけです。

 

究極ゆうと、これだけですね。

 

ただ、僕は副業はおすすめしています。

 

なぜかというと、将来、本当にどうなるかわからないから、キャッシュポイントを会社からの給料以外で持っておくに越したことはないからです。

 

突然、会社が倒産したらやばくないですか?

 

特に年齢がいって、家のローンがある方や、家族を持っている方は、リスクヘッジは絶対にした方がいいです。

 

おそらくほとんどの人が「保険」には加入しているはずです。

 

それは、病気や事故の保険なはずですが、「収入」の保険をかけている人があまりに少ないです。

 

収入の保険なんてないですが、僕はキャッシュポイントを複数持つことが、収入の保険だと考えています。

 

今後、「働き方改革」で副業が一気に身近になっていきます。

 

「働き方改革」の一つに「副業の容認化」が盛り込まれているのをご存知でしょうか?

 

これにより、副業を容認し始めている企業も徐々に増えています。

 

なぜだかわかりますか?

 

さっき僕が書いたように、「収入の保険」をかけておけよと国や会社が言ってるってことです。

 

もちろん、国はそういう風には伝えないです。

 

ですが、そういうことなんです。

 

日本の将来について考えたことがあるでしょうか?

 

人口は減り、なおかつ高齢化が進みます。

 

さらに、グローバル化が進み、国の垣根を超えた競争がどんどん強くなります。

 

簡単にいうと、日本の将来って結構やばいんですよ。

 

でも、そのやばさに気づいてないのか、考えたくないのか、大丈夫だと思い込んでるのかはわからないですけど、

 

危機感を持っている人があまりに少ないように感じます。

 

まあ、僕もそうなんですけど、

 

人って、何かが起きるまでなかなか気づかないのが普通なんですよね。

 

何かが起きてから気づくと、100%後悔します。

 

「あの時やっておけばよかった」

 

と必ず後悔します。

 

特に中小企業で働かれている人は本当に危機感持った方がいいです。

 

別に存在価値がない企業なんて本当にたくさんあるんですよ。

 

でも、日本の商習慣とかできあがった商流があるからというだけで、成り立っている会社もあるわけですよ。

 

そういう会社は本当に危ないです。

 

だから、自分で稼げる力があるに越したことはないという思いから僕は、副業をすすめています。

 

僕の考えや思いが伝わっていれば幸いです。

 

今回は以上です。