どうも、マサキです。

今回は非常に問い合わせが多い内容である、
「会社にバレずに副業する方法」を書きます。

自分が勤めている会社の就業規則には、
はっきりと「副業禁止」と書いてある。。

そういった方が非常に多いです。
というか、副業容認になり始めたのが最近
なので、当然っちゃ当然ですね。

ということで、詳しく書きますので、
最後までどうぞお付き合いくださいね!!

副業は住民税でバレる!?

まず、なぜ副業をしていることが、
会社にバレてしまうのか?

ここを知ることで対策が打てます。
ですので、なぜバレるのかについてですが、

見出しの通り、
「住民税」でばれてしまうのです。

支払う住民税の金額は、会社員の場合、
会社が管理しています。

給与明細を見て頂けばわかりますが、
「住民税」の項目があるはずです。

で、この住民税は、
その人が1年で稼いだ所得の合計
によって支払う金額が変動します

本来、会社員は会社からの給与所得のみです。
会社は支払った給料を当然管理しているので、

この人の年収は◯◯円だから、
住民税は〇〇円だと把握しています。

しかし、副業で稼いでる人の場合、
会社が把握している年収との誤差が出ます。

支払うべき住民税は、
本業の収入+副業の収入の合計から
算出されるからです。

ですので、副業で収入がある人は、
自分で支払うべき住民税を確定させ、
自分で支払う必要があります。

そうすれば、会社にバレることはありません。

が、逆をいうと自分で処理しないと、
会社にバレて、下手すれば解雇されるかもしれません。

ということで、
どうやって住民税を自分で支払うかを
説明していきます!!!

副業で稼いだら自分で確定申告が必要

副業で稼ぐことができて嬉しい!!
けど反面、会社にバレるのが怖い!!

そうであれば、確定申告に行きましょう。
というか、絶対に行ってください。

先ほど、住民税を自分で払えばよいと
説明しましたが、自分で払うように設定するには、
確定申告に行かなければなりません。

ですので、
今年はもう終わりましたが、
必ず確定申告をして、

まずは、自分が副業で稼いだ額にかかってくる
所得税を確定させて、支払いましょう。

会社からの収入は会社が税金については処理してくれますが、
当然副業での収入は自分でやらなくてはいけません。

どれぐらい稼いだら支払うのかについては、
僕の別記事に詳細を書きましたので、
こちらをクリックしてご覧ください

確定申告の時期は、
2/16から3/15です。

この時期を過ぎてしまうと、
追加徴税といってペナルティー的なものもあります。
ですので、必ず期日を守って支払いましょう。

土日をはさむと多少の日にちが前後しますが、
上記の通りと認識して頂いて大丈夫です。

で、確定申告の際に、
「住民税を自分で支払うかどうか」
の項目が絶対に出てきます。

ですので、そこで、自分で支払うようにすれば、
ほぼオッケーです!!

ここでなぜほぼオッケーという表現をしたのかと
いうと、詳細は市区町村によって違ってくるからです。

ですので、不安であれば、
確定申告をして、さらに市区町村にも電話をして
確認をすることが最善です。

副業を会社にバレずにする為の方法動画

最後に、動画でもまとめましたので、
ぜひご覧ください。