お金って何のことだか、ちゃんと知っていますか?

お知らせ

どうも、横山です。

 

今日のテーマはかなり面白いですよ。

 

みんな大好きな「お金」についてです。

 

みなさんは、お金がそもそも何かって知っていますか?

 

日常で当たり前のように使っているお金ですが、

 

近年では、「仮想通貨」とか「電子マネー」というものも出てきていますね。

 

それでは、まず、お金の歴史を振り返りながら、どういったものなのかを説明していきます。

 

まだ、お金がなかった遥か昔、欲しいものを手に入れる為に人間が、どうしていたかというと、

 

「物々交換」をして欲しいものを手にいれていました。

 

どういうことかというと、

 

例えば、自分が肉を持っているけど、魚が欲しい場合。

 

その場合、魚を持っていて、尚且つ肉が欲しい人に出会えば交換が成立していたわけですね。

 

これが物々交換です。

 

でも、それには課題が山積みでした。

 

まず、その条件を満たしている人に出会う確率自体が極端に低かったわけですね。

 

そこで、確率を上げる為に当時の人たちが考えたのが、「市場」でした。

 

市場を作った理由は、「人が集まる場所」を作る為です。

 

市場に行けば、いろんな物を持っている人がたくさんいる。だから、自分の欲しいものを手にいれる確率が上がったわけですね。

 

しかしながら、まだ課題はありました。

 

人が集まっていたとしても、条件が成立しないと自分が欲しいものは手に入りません。

 

そこで、当時の人たちは、もっと確率を上げる為に、さらに試行錯誤したのです。

 

その結果、「誰もが欲しい物をあらかじめ自分が持っていれば、すぐに自分が欲しい物と交換できるじゃん」という発想に至ります。

 

当時、誰もが欲しい物は「稲」でした。つまりお米が欲しかったんですね。

 

そういった背景があり、皆が「稲」を持ち始めました。

 

稲があれば自分が欲しい物と交換してもらえる。今でいうお金と同じ役割を果たしていたわけです。

 

ちなみに、稲は昔は「ね」と呼ばれていました。

 

その名残から「値」という漢字ができたみたいです。

 

余談になりますが、日本では「稲」が貴重でしたが、中国では「貝」、古代ローマでは「塩」がお金のような役割を果たしていました。

 

その名残で、買う、購入、売買、賄賂(わいろ)など、お金に関わる漢字に「貝」が付いていますね。

 

ちなみに、塩は古代ローマでは「サラリウム」と呼ばれ、兵士の給料は「塩」で支払われていました。

 

サラリウムが派生して「サラリー=給料」という言葉ができたようです。サラリーマンという言葉もここが語源みたいですね。

 

話を戻しますね。

 

その後、稲だと腐ってしまい長持ちしない為、

 

腐ってしまわないもので、尚且つ貴重な物がお金の役割を果たすようになります。

 

それが、「金・銀・銅」でした。

 

ただ、ここでもまた新たな課題が見つかります。

 

「金・銀・銅」は大量に持ち運ぶのは重たいし、たくさん持っていたらすぐにバレてしまって狙われる可能性だってあったわけです。

 

そこで、登場したのが、今の銀行のようなものです。

 

大量に「金・銀・銅」を持っている人、つまりお金持ちが銀行のような立場になっていきました。

 

どういうことかというと、そのお金持ちの人達には「信用」があったわけですね。

 

だから、その人たちに「金・銀・銅」を預けてもかえってくるという信用があったので成り立ったわけですね。

 

で、「金・銀・銅」は重くて使いにくいからとお金持ちに預けると、その証明として「預かり証」というものが貰えました。

 

その「預かり証」が、初めての紙幣として使われるようになったのです。

 

この紙を、発行元へ誰が持って行ったとしても、「金・銀・銅」に交換してくれる為、これが現代でいうお金になったわけですね。

こうしてお金は生まれたのですが、

 

時代とともに、便利なものへと進化を続けてきています。

 

現代でいうと、電子マネーとか仮想通貨のように実態を持たないものまで存在しています。

 

こうやってお金の歴史を振り返ってみると、今後のお金がどう進化していくのかが楽しみですね。

最後に、お金って何なのか?

 

この問いへの回答としては「何かを手にいれる為の手段」だと僕は回答します。

 

それは、昔の歴史からもわかると思います。

 

なので、大きな価値を手にいれるとなると、当然、大きな額のお金も必要になりますよね。

 

元々、価値と価値の交換ですからね。

 

ということで、今回の記事は以上で終わります。

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

コメント