予約転売での僕のリアルな失敗談をお話します

転売情報

どうも、横山です。

 

今回は、僕のリアルな失敗談について書きますね。

 

なので、参考にして頂き、僕のような失敗をしないようにご注意ください。

 

僕が失敗したのは7月です。

 

あるアーティストのベストアルバムの発売日が7月で、予約開始日が6月でした。

 

予約開始日に、スマホで色々な仕入先から合計で20枚を予約しました。

 

もちろん、キャンセルできる仕入先を選んで予約したのです。

 

もし発売日までにプレ値にならなければ、キャンセルできるという保険があるから大丈夫だと思ってました。

 

金額でいうと、1枚5400円×20枚で108,000円でしたが、

 

キャンセルできるから、これで大丈夫だと勝手に思い込んでいました。

 

ただ、当時の自分は、かなり忙しく、全く余裕がない状況だった為、予約をしていたことを忘れてたんです。

 

なんと、商品が家に届いてから予約をしていたのを思い出したのです。

 

「やってしまった…」

 

商品が届いた時、そう思いました。

 

現状、ほぼ赤字で捌きましたが、まだ1枚だけ残っています。

 

この件で僕は、赤字になったわけですが、他の商品での利益があるので、もちろんんプラスです。

 

で、僕がこの記事で言いたいことは、

 

こういったミスをやっている人が僕以外にも多いということと、簡単な対策さえすれば防げるミスだということです。

 

実は、僕以外にも結構いるんですよね笑

 

例えば、プレ値にならなかったので、キャンセルしようと思ったけど、なぜかできない?そういうミスもあります。

 

なぜかというと、出荷準備が完了した場合ではキャンセルできないからです。

 

なので、キャンセルできる目安としては、発売日の一週間前ぐらいだと誤認識ください。

 

こういったミスは、基本的にスマホのカレンダーなどに、いつまでであればキャンセルできるかとか、発売日とかをあらかじめ入力していれば余裕で防ぐことができるのです。

 

当然のことですが、しっかりとスケジュール管理をするってだけです。

 

頭で覚えてるから大丈夫と思っていても、仕入れる量や、予約の量が増えれば増えるほど、忘れていきます。

 

なので、手間ではありますが、転売では、転売専用のカレンダーを作って、それで全て管理をしていった方がいいかと思います。

 

手間より赤字の方が嫌ですよね。

 

であれば、手間を取ったほうがいいですね!

 

ということで、

 

予約転売のメリットである「キャンセルできる」という点に甘えてしまった結果起きた、僕の失敗談でした。

 

みなさまもくれぐれご注意ください。

 

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント