独立してよかったことを赤裸々に話します

お知らせ

どうも横山です。

今回は、独立してよかったことを赤裸々に書いていきます。良かったことだけ書いてもダメなので、悪かったことももちろん書きます。そちらもリアルなところを書いていきますね。

まず、よかったことを箇条書きで書くと、

・自由
・平日に旅行できる
・行列のできる店にすんなり入れる
・スケジュールを自分で決められる
・ルールは自分
・頑張れば頑張るほど稼げる
成長できる

こんな感じですかね。

会社員の頃に求めていたことのほとんどを、独立した今、満たすことができています。
中でも僕がよかったことで一番伝えたいことは「成長できる」ということです。

 

これがどういうことかをお伝えしますね。

 

会社にいると、それぞれの部署に配属され、仕事は基本的に分担されていますよね。だから、自分のやるべきことが明確でいいことはいいのですが、逆に全体像がわかりにくいんですよね。

仕事は基本的に全体像を見てやっていくことで成長ができるし、全体像を見るからこそ、将来について考えることができると僕は思っています。

独立すると、誰も自分を守ってくれません。あれもこれもそれも全部自分でやっていくので、常に全体像の把握は必要になってきます。

そういった意味で確実に成長できます。会社員の時とは比にならないぐらい僕自身も毎日色々なことを学んでいますし、ネットの基礎知識やスキルは遥かにレベルアップしています(まだまだですので、もっともっと勉強します)

そして次は、悪いところです。同じように箇条書きでいきます。

・縛りがなく自由すぎて甘えてしまう
・誰も守ってくれない
・仕事のプライベートの境目がない
・頑張らないと生きていけなくなる
・メリハリがない

こんなところでしょうか。

僕自身、書いていて気づいたのですが、独立して良かったことと悪かったことは瓜二つのようなもので、自分のやり方次第で、良くも悪くもなるということがわかりました。

正直言って、会社員の方が向いている人だっています。そんなに圧倒的な結果が欲しくなかったり、普通の人生を歩みたいという人には、向いてないですよね。

逆に、圧倒的な結果が欲しかったり、人の下で働きたくない人だっていますよね。

結局は自分がどうしたいのかってことです。それによって人生は変えることができると思います。なので、自分に素直になって、自分の理想を追い求めてやっていくことが、たっち一度の人生を後悔なく生きていくコツなのかなと思います。

今回は以上で終わります。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

コメント