羽生選手のグッズ転売がヤバイ!!

お知らせ

こんにちは、マサキです(*´∇`*)

今回は、先日ニュースでも取り上げられていた、
羽生結弦選手の限定グッズの転売について
書いていきます。

最近、ネットビジネス界では、
初心者は転売が稼ぎやすいと常識が定着しつつあります。

その影響のせいか、
常識のない転売をやっている人があまりに多いのではないか?
そう感じています。

僕はビジネスってそもそも悩み解決であり、
人の役に立つものだと心から思っています。

ですので、こすいビジネスをやるのではなく、
今は真っ当なビジネスをやっています。

とはいうものの、
僕も元々、転売をやっていましたし、
転売を人に教えていたこともあります。

でも、今は一切やっておりません。
理由は言うまでもないですよね。

で、これから書く「羽生選手のグッズ転売」は、
あまりに常識がない転売だと思います。

これをビジネスだと捉えてやることは、
本当に辞めて欲しいです。

ということで、
今から詳しく書いていきます。

羽生選手のグッズ転売について

この商品は、まず会場限定商品として、
東京の日本橋高島屋で2018年4月11日に
売られていたものです。

商品は、ポストカードやクリアファイル、写真集など、
完全に会場でしか手に入らないものです。

羽生選手を心から応援しているファンの方なら、
こういうグッズが欲しくて欲しくてたまらないと思います。

特に「限定」となると人の購買意欲を掻き立てます。

こういうファンの気持ちを利用しているのが、
今回の転売になります。

「本当に欲しい人なら高いお金でも買うであろう」

これを利用して稼いでいる人がいるってことです。

ですが、冷静に考えればわかりますが、
本当に欲しい人が定価で買えないっておかしくないですか?

自分が本当に欲しいものがあった時に、
定価で買えなかったら「え、なんでなん?」

そう思わないですか?

買い占め系の転売はモラルがない

羽生選手のグッズ転売では1人○個までという、
購入制限がありました。

ですので、転売ヤーが1人で並んだとしても、
大量には買えないんじゃない?

そう疑問に思う方もいると思いますが、
転売ヤーは人をバイト感覚で雇っています。

つまり、バイトにお金を渡して自分のお金で
買わせているのです。

そうすれば、大量に購入することができるので。

だから、転売ヤーがグループ化していれば、
もはや止める術はないのかもしれないです。

現状、これを禁止する法律もありませんし、
転売ヤーの数は減るどころか増えてきています。

なんか悲しいですよね。

「自分のお金の為なら何やってもいいんかい」

僕は本当にそう思います。

インターネットの登場で個人が稼ぎやすくなったの事実です。
ですが、こうやって稼ぐのは間違っていませんか?

こういう買い占め系の転売はマジで腐ってると思います。

ですが、現状これを止める方法は先ほど書いた通りないのです。
個人がモラルについて真剣に考えていくしかないのだと思います。

まとめ

世の中には必要なものと、
そうでないものがあります。

必要でないものは、そのうち絶対に
淘汰されていきます。

モラルもなく、淘汰されていくしょうもない
転売手法で稼ぐぐらいなら、
もっと胸を張ってできるビジネスをやりませんか?

その方が生きてて、後ろめたい気持ちとかないでしょうし、
いつまでもルールに違反した自分で生きていくのって、
もったいないと思いますけどね。

ということで、今日も動画を撮りましたので、
ぜひ、ご覧くださいね!!

YouTube

 

コメント