DRMを具体的に解説(集客編)

お知らせ

こんにちは、横山です。

今回は、前回の記事の続き「DRM」の「集客編」ということで書いていきますので、最後まで読んでくださいね。

復習しますと、
DRMとは、「集客→教育→販売」のことをいいます。

今回は、一連の流れの中でも一番大事な「集客」について解説させていただきますね。

集客

集客とは、ネットビジネス界では「リスト取り」といいます。
リストとは、見込み客のメールアドレスを獲得することやLINE@に登録してもらうことをいいます。

このリストに対して、商品を販売することで対価を得るという仕組みです。商品を販売する際に一番大事なのが集客、つまりリストを取ることです。

では、実際にどうやってリストを取っていくのかについて書いていきます。

①無料媒体を使う
前の記事に書いたようにSNSやYouTubeを使って集客します。
FacebookやInstagram、Twitter、YouTubeは無料で使えて尚且つ人がすでにたくさん集まっています。その中で、自分の投稿がどれだけたくさんの人に影響を与えれるか、ここが非常に重要となってきます。

そこでまずやることは、友達を増やすということです(YouTubeは除く)。Facebook等は、自分から友達申請ができるシステムになっていますよね。つまり、こちらから仕掛けることができるということです。であれば、仕掛けない理由はありません。

しかしながら、闇雲に友達申請をしたからといって、それがリスト化するのかといったら答えは「ノー」です。

そこでやるべきことは、ビジネスに興味があるであろう人に友達申請をするということです。例えばホリエモンの投稿にいいねを押している人に友達申請をするとか、現状に不満を抱えてそうな人に友達申請をするのがいいです。友達が増えてきて、あなたの投稿がたくさんの人に見られるようになると、それだけリストも取れやすくなります。

YouTubeの場合は、自分から友達申請できるようなシステムはありません。気に入った方が一方的にチャンネル登録してくれるだけです。ですので、最初はしんどいかと思いますが、たくさんの人に役に立つ動画を投稿し続けることがとても大切です。
自分から友達申請できないということは、いきなりたくさんの人に動画を見ていただくことは難しいということです。要するに、加速化させるまでに時間がかかるということです。すぐに結果は出ないと思っていた方がいいです。
がしかし、YouTubeは絶対にやった方がいいです。
その理由としてはズバリ「資産化」するからです。

先に述べた、SNSは資産化は狙えないと思っていた方がいいです。なぜなら、SNSは時代の流れや流行によって移り変わっていくからです。あれだけ流行ったミクシーを今やっている人はあまりいないですよね。そういうことです。YouTubeはすでに普遍的なものになっているため、今後も大きく形を変えることなく続いていくというのが僕の見解です。

②有料媒体を使う
広告などを使うって集客する方法です。
正直これが一番手っ取り早く集客できますが、これは順序的には自分で集客ができるようになってからでいいと思います。自分で集客する力を付けて、稼いでから広告を使うのが王道ですね。

かなり長くなりましたが、ネットビジネスで稼いでいくには、集客ができなければ何も始まりません。なので、ビジネス初心者の方は、まずはこの集客に力を入れてやっていくことをおすすめします。

今回は以上で終わりますが、ご不明点は質問してくださいね。
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

コメント