ポンコツ会社員の逆転劇はこちらをクリック

仮想通貨とは?今更聞けない仮想通貨について①

仮想通貨とはインターネット上で使える実態のないお金のこと

仮想通貨とは、インターネット上で使える新しい形のお金のことです。インターネット上で使えるお金ですので、もちろん実態はありません。

国内では「仮想通貨」と呼ばれていますが、海外では「暗号通貨」と呼ばれることが多いです。

仮想通貨の歴史はまだ浅く、2009年に運用が始まりました。

昨年から世間を賑わせている仮想通貨ですが、その理由の1つに、仮想通貨には世の中を変える仕組みを持っているからだと言われています。

その仕組みとは「ブロックチェーン」と呼ばれ、これが革命だと言われております。

MASAKI
ブロックチェーンという言葉をニュースなどでy聞く機会が増えましたよね。この記事を読めばブロックチェーンが一体どういったものなのかを理解できますよ!

 

ブロックチェーンとは、インターネットのユーザーが、管理者不在でインターネット上の資産を他の人に安全にやり取りすることを可能にした革新的なものです(※詳しくは後で書きます)

現在、このブロックチェーンに注目して、国や民間企業が様々な分野へ応用していくために研究開発を進めています。

仮想通貨の走りとなったビットコインの登場以降、このブロックチェーンを用いた様々な仮想通貨も生まれていっています。

仮想通貨の一番の特徴は、なんといっても管理者が存在しないことです。仮想通貨は、誰かが管理しているわけではなく、「あらかじめ決められたシステム」に従って動きつづけているだけなのです。

管理者が存在せず、特定のサーバーも必要としないことが、逆に強いネットワークを構築することを可能にしています。

そして、データの書き換えなども、不可能なシステムになっています。

また、ブロックチェーンによって、管理者が不在であるにも関わらず、運用開始から一度も停止状態になったことはありません。

先日のコインチェックの騒動に関しては、取引所に問題があっただけであり、仮想通貨のシステムに問題があったわけでは決してありません。

MASAKI
こんにちはMASAKIです。あなたは、お金がなぜ今の形になったのかを、知っていますか?実はお金も進化を続けてきて今の形になったのです!それではお話していきますね!!

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは仮想通貨を支えるとても重要な技術です。

現在ある多くの情報システムでは、中央にサーバーを置く、いわば中央集権的な管理を行う仕組みを採用しています。

例えば、金融機関の取引データもこの仕組みで管理されています。

一方で、ブロックチェーンはネットワークを用いて管理する「分散台帳」を採用しています。

仮想通貨の取引は、これまでの全てのものを記録して、そして公開されています。

データをチェンのように繋げて、誰もが閲覧できるようになっており、お互いに監視させる仕組みを取っています。

複数の仮想通貨のネットワークの参加hさでこの取引記録を共有している為。一部のデータが損なわれたとしても、、ほかの参加者で再生できる為、データを失うことがまずありません。

要するに、このブロックチェーンを採用すれば管理者不在のまま一度も停止することなくシステムが動き続くことが可能なのです。

現在では、このブロックチェーンという素晴らしい技術に注目して、たくさんの研究開発が進められています。

新しい仮想通貨の開発や金融などを含むあらゆる分野に応用する動きが加速してきています。

加えて、各国の政府や中央委銀行もこのブロックチェーンの技術に注目し始めており、独自の仮想通貨を開発しようとする動きも見受けられます。

続きは次回へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です