YouTube動画の作り方(情報発信)

未分類

どうも横山です。

今回はYouTube動画の作り方についてです。決してユーチューバーとしてではなく、ビジネスの情報発信としてYouTube動画を撮る方に向けて書いております。

まず、YouTubeには二つの種類の動画があります。
①集客用動画
②教育用動画

集客用動画とは、読んで字の如く、自分のチャンネルに人を集めて見てもらう為の動画です。

一方で、教育用動画とは、自分を好きになってもらう為の動画です。

この二つを駆使していくことで、DRMの集客と教育を同時に行うことができる場合もあります。

ちなみに、教育動画はいらないのではないかと思われる方もいらっしゃるかと思います。

では、なぜ教育動画が必要なのでしょうか?

それは、簡単にいうと「離脱」が起きるからです。
離脱とは、あなたではない誰かの動画に流れしまうことを言います。

離脱が起きる要因としては、YouTubeには関連動画というものがあり、あなたが見ている動画の横や下に、「あなたへおすすめの動画」という形で表示されています。

つまり、あなたの動画があまり面白くないとか、この人好きじゃないと判断された時、関連動画へ逃げていく人がいるということです。

それを食い止めるためにあるのが、教育動画です。

教育動画で、具体的に何をするかというと「この人すごい」とか「この人に教わりたい」と思って頂くことが重要です。

こうすることで、あなたのファンを増やし、信頼が強まれば、またあなたの動画を見ていただいたり、連絡が頂けます。

YouTube動画を撮られている方は、ぜひ一度お試しください。

 

コメント