僕の甘酸っぱい初体験について語ろうじゃないか

どうも、マサキです。

 

最初に言っておきますが、
下ネタではありません(笑)

 

タイトルだけ見ると
ちょっとそっち系かな~
と思ったかもしれないですね。

 

え、もしかして、
ちょっとだけ聞きたいですか?

 

冗談はさておき、
僕はビジネスを始めてから
圧倒的に「初体験」が増えました。

 

・YouTubeをやったり
・ブログ書いたり
・メルマガ配信したり
・商品作ったり

 

こんなこと
マジでやったことなかったです。

 

思い返すと
新しいことに挑戦するとき
一歩目が重たかったなー。

 

新しいことに挑戦するのって
年を取る度に抵抗が出てきませんか?

 

まあ、そんなこと言ってたら
ビジネスはできないんだけど、

それがわかっていたとしても
きっとそういうアレルギーみたいなものが
あると思うんですよね(ない人は最強です)

 

で、その中でも
YouTubeに自分の動画を投稿するのに
アレルギーを持ってる人が多いみたいです。

 

実際僕も、
初体験の中で一番抵抗があったのは
YouTubeでした。

 

初めての時は
ホントにひどかったですね・・・。

 

確か初めてYouTubeに顔出しで
動画投稿したのが2017年の2月。

 

当時は会社員をやってたので
「会社にばれたらどうしよう…」
という不安がありながらも、
思い切って顔出しで動画を撮ってみたんです。

 

顔出しには、
超超超超超抵抗がありましたね。

 

自分に自信はなかったし、
一人でスマホのインカメラに
向かってしゃべるとか…

やばいやつでしょ!
と思ってましたから。

 

けどある時、勇気を振り絞って
やってみることにしたんです。

 

理由はシンプルで
当時ビジネスを教えてもらっていた
Sさんって方がいるんですけど、

 

その方に

「YouTubeをやると成長できるから
とりあえずやってみましょう」

と言われたからです。

 

その人は僕より
年齢が6個ほど下なんですが、
とにかく成長できるときいて
素直に教えを守ることにしました。

 

とはいえ、始めるまでに
かなり時間がかかりましたね。

 

一歩目がなかなか踏み出せない。

 

「動画=ハードル高すぎ」

 

これが勝手に頭には
植え付けられていましたから。

 

あー、もしかしたらこのままズルズル
やらずに終わるかもなー。

そんな風にも思っていました。

 

けどある時、
僕はあることを思い出します。

 

それは僕がビジネスを始めるきっかけが
YouTubeだったということです。

 

自分がビジネスを始める前、
確か「起業 やり方」か「副業 やり方」って
検索窓で調べたんです。

 

で、そこから気づいたらYouTubeに飛んでて
そこで見た動画に魅了されました。

 

それからその人に連絡を取ったことで
僕のビジネスはスタートしたんですよね。

 

そう、僕のビジネスのきっかけは
YouTubeからだったのです。

 

これって視点を変えると
僕は見事にYouTube経由で
集客されていたってことじゃん!

 

おー、なるほどなるほど。

 

それなら俺も上手く使えば
集客できそうだなと勝手に納得し始めます。

 

そう思ったら早いもので
エイヤーって感じで
ホワイトボードシートってものを
アマゾンでポチっと購入しました。

 

ホワイトボードは邪魔になりそうだから
壁に貼るホワイトボードシートにしよう。

 

これを買えば常に動画を撮るという
環境になりそうだし。

 

そう思って即買いしました。

 

で、買うと人間は熱が上がりますよね。

 

さらに届くと熱はもっと上がり・・・

 

その勢いで部屋の壁にシートを貼ったら
「よし、動画でも撮ってみるか」となりました。

 

買うことで行動に移るって
こういうことかと妙に納得。

 

ということで人生初の自宅での
動画撮影会のスタートです。

 

ビジネスについては
すでにある程度学んでいたので
話すネタは持っていました。

 

けど、いざカメラを向けてしゃべってみると・・・
マジでしゃべれねぇー。

 

ちなみに指導者のSさんには
カメラを一度回したら
切らない方がいいと言われていました。

 

毎回本番のつもりで
やらんと成長できないとのことです。

 

やり直せるっていう
甘いマインドでやってると
いつまでも上手くならんとのこと。

 

ほうほう、なるほど。確かにそうだな。

 

またしても僕は教えを素直に守り、
とりあえず最後までやりきってみました。

 

初の自撮り動画です。

 

で、どんな感じか見てみると…
相当ひどかったですね。

 

自分で自分の動画を見て
なんだこいつ?て思いましたもん。

 

あとは、
俺ってこんな声なんだぁとか、
俺ってこんな表情してたんだなとか、
字も声もちっせーなとか、

 

今まで知らなかったことも
発見することができました。

 

なかでも一番の発見は
上手く説明できてないということは、
そこまで理解できていないってことだなと
わかったことです。

 

おー、動画を撮れば
そんな発見もできるのか。

 

これが成長ってやつなんかな。

 

うん、きっとそうだ。

 

そしてこれが資産になって残るし
自分の理解度を深めることにもなるのか。

 

あと、意外とやってみたら
「こんなものか」
って思ったけど気のせいか?

 

試しにもう1本撮ってみるか。

 

こんな感じで僕は毎日動画を
撮るようになったのです
(今はたまにですが笑)

 

YouTubeって
やればわかりますがハードル結構低いです。

 

ブログを書くよりも
きっとハードルは低いし、
動画なので伝わりやすいという
メリットも持っている。

 

年々YouTubeを見る人は増えているし
これはビジネスを攻略するのには
間違いなく欠かせないかなと。

 

ちなみに僕は
顔を出してやり始めたので
今でも顔を出してやっていますが、
別に出す必要もないんですよね。

 

ビジネスって信頼が重要なので
顔出しできるに越したことはないですが
本質的には、出さなくても結果は出せます。

 

顔出ししなくていいってだけで
ちょっとはハードル下がりますよね。

 

それでも抵抗があるという方に
伝えたいんですけど、

 

YouTubeはビジネスに役立つ
超強力な「手段」の一つに過ぎないんです。

 

ビジネスで稼ぎたいのであれば
一つの手段として捉えて
割り切ってやっていくのがいいのかなと。

 

少なくとも僕はそう思って始めました。

 

で、本当にやっててよかったなと
マジで思えてるぐらいなので
あなたも一度試しにやってみてもいいかもですね。

 

ちなみに僕は
メリットだらけのYouTubeを
これからも続けていきます。

 

しゃべると脳の情報が整理され
人に伝える力も強化されていくので
めっちゃ成長できちゃいますからね。

 

最後に。

 

成功の反対って
普通に考えれば失敗になるわけですけど、
僕はそうじゃないと思っています。

 

じゃあ成功の反対って何?って話ですけど
僕は「何もしないこと」だと思ってます。

 

何もせずして成功することって
絶対にないですよね。

 

そして、失敗はただの伸びしろ。

 

こんな風に、
ちょっと考え方を変えるだけで
なんだか人生変えられそうじゃないですか?

 

僕のYouTubeチャンネルはこちらです。

https://www.youtube.com/channel/UCBsdCBz6N7cZ17kKeXg0Bxg

 

チャンネル登録してね~

今だけ電子書籍が無料で読めます



僕は30才からネットを使ったビジネスを始め
今では月収200万以上を自動で稼いでいます。


転職回数3回・ニート歴半年という経歴の通り
才能なんて1ミリもありませんでした。


大卒とはいえ偏差値50以下の私立大学ですし、
営業の仕事では成果が出ず、
会社からはお荷物扱いされていたほどです。


それでも自分を変えるために
ほんの少しの間だけビジネスに
真剣に取り組んだことで、
わずか11ヶ月で脱サラすることができました。


ビジネスを進めていくなかで
文章ひとつで人を動かす方法や、
コンテンツを使って自動収益化する方法など


会社や学校では「絶対に」
教えてくれないことを理解するだけで
あっさり人生を変えることができました。


その経験から、
現時点でのスキルや才能がゼロだとしても
正しい情報を手に入れ実践さえすれば、
どんな人でも僕と同じように人生を変えられると
自信を持って発信しています。


今の世の中は
「正しい情報×正しい努力」さえあれば
誰でも逆転ができるようになりました。


その事実をしっかりと伝えて
「もっと個人が輝ける社会にしたい」と
本気で思って活動しています。


この信念に基づき、
過去の僕と同じように苦しんでいる人に
なにか少しでも参考になればと思い、
僕がゼロからどう進んでいったのかを
電子書籍にまとめてみました。


これまでに5冊の本を出版し、
うち2冊がAmazonランキングで
ベストセラーも獲得しましたが、
今回の書籍が最高傑作です。


ストーリー形式で読みやすかったとの声も
たくさんいただいている一冊ですので、
もし興味があれば読んでみてください。


15分ぐらいでスラスラ読めます。


電子書籍「雇われない生き方+αの世界」を今すぐ読んでみる


メールアドレスを入力すれば、
今すぐに受け取ることができます。


最後までご覧いただきありがとうございました。

↓メルマガの登録はこちら↓


もしこの記事が少しでも役に立ったようでしたら、
SNS等でシェアしてもらえると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です