ポンコツ会社員の逆転劇はこちらをクリック

3年前の今、脱サラをしようと思ったけど勇気がなくてできなかった

どうも、マサキです。

 

この記事は2019年12月14日に書いています。

 

2019年も終わりに近づいたので部屋を掃除していたら、昔書いていた日記を久しぶりに見つけたんです。

 

その日記は3年ほど前に書いていたもので、読み返していたら泣きそうになったけど、

 

このタイミングで、当時を振り返れてよかったと思えたので忘れないうちにここに書いておく。

 

実は3年前の今頃、僕は脱サラをする予定だった。

 

時はさかのぼり2016年の8月、人生を変えようと生まれて初めてビジネスコミュニティというものに入った。

 

転職を3回もしてみて、会社を変えただけでは人生は変わらん!

 

とわかった僕は、自分で稼ぐ力をつけて自分のこの手で人生を変えようと思ったのだ。

 

驚くことに、そのコミュニティの参加者の中には3、4ヶ月で月収100万円を達成した人が何人かいたんですよ(当時は今より稼ぎやすかったのもある)

 

その事実を知って僕はワクワクが止まらなかった。

 

「さ、さ、3ヶ月で月100万円だと!?本気出せば俺でもいけるはずだ!よーし、12月には脱サラするぞー」と奮い立った。

 

今でもはっきりとあの頃の気持ちの高ぶりを覚えている。

 

当時マジで貯金がなかったので、参加費用の35万円は人生初のクレジットカードでのリボ払い。手数料が高いけど仕方なかった。

 

支払う時、手がガクガク震えていたけど、そうまでして入ったのは本気で人生を変えようと思ったから。

 

自分の人生を諦めたくなかった
くそイラつく上司と一緒に働きたくなかった
頭をぺこぺこ下げたくなかった
我慢ばかりの日常から抜け出したかった
働くために生きるのが嫌だった
出世していく友達よりも稼ぎたかった
単純にお金が欲しかった

 

うまくいったら今まで散々バカにしてきたクソ上司に、中指立てて退職届を思いっきり叩きつけてやるんだ!

 

「今から俺はお前の3倍以上稼ぐ人間になるから見とけよバーカ!」

 

心の中で大きな声で宣言し、勢いよくスタートさせた。

 

友達に脱サラ宣言をしたところ

 

「は?本気で言ってんの?もう俺たち30才だよ?いつまでも夢見てないで現実と向き合った方がいいと思うよ」

 

軽く鼻で笑われる程度にあしらわれた。

 

まるでバカにしているかのような友達の態度に、心の底から腹が立ったけどグッとこらえ、結果で証明して黙らせようと決めた。

 

けど、、、

 

世の中はやっぱり甘くなくて、結果はまったく想定していた通りにはいかず・・・

 

「はぁー、センスがないってこういうことか…」

 

もともと知識0からのスタートだったけど、できない自分が情けなくなることが多かった。

 

仕事終わりに眠い目をこすり、毎日パソコンをカタカタして自分なりには頑張っていたけど、なんていうか心がポキっと折れそうな、そんな状況だった。

 

上司にバーカと心で叫び、一瞬でも脱サラを夢見た自分が正真正銘のバカだと証明されたようで、悔しくて悔しくて仕方なかった。

 

友達にも「だから俺が言った通りじゃん!現実を見てちゃんと会社で働いた方がいいって!才能がない人は会社員やるしかないよ」と言われても、何も言い返すことができなかった。

 

同じことを教えてもらっているにも関わらず、3ヶ月で月収100万いく人もいるのに、自分はせいぜい5万円どまり。

 

あとから始めた人にもバンバン抜かれて行くし、自分の無力さを本当の意味で痛感していた。あの時はマジで悔しかった。

 

もうやめようとも思ったし、俺みたいなポンコツは汗水垂らして頭下げて働くしかないんだわ。

 

あの上司にまた罵声を浴びせられ、それでも少ない給料のために我慢の毎日を送るしかないんだ…

 

夢見てた俺がバカだったんだよ。俺の人生なんて結局のところ社畜しか選択肢がねぇーんだよ。そんなもんだ…

 

そうやって自分を納得させようとなぜか必死になっていた。

 

気づけば、コミュニティで出会った仲間たちのほとんどがいつのまにか次から次へと消えて行った・・・

 

けど、それでも僕は諦め切れなかった。

 

俺の人生このまま終わってたまるかよ。悔しい悔しい悔しい悔しい。

 

諦めの悪さだけは昔から自信があったので、それだけでなんとか踏みとどまっていた。

 

そして、苦渋の決断だったけど、予定を変更することにした。

 

12月で脱サラするのは現実的には無理だから、ゴールデンウィーク明けに変更しよう!

 

ゴールデンウィーク明けに脱サラしたら、永久にゴールデンウィーク突入って感じでちょうどいいじゃん!

 

ってことで、無理やりポジティブに考え、もう一度本気でやろうと奮い立ったのだ。

 

そして、僕の運命が変わったのは間違い無く2017年の2月。忘れもしない僕のターニングポイント。

 

参加しているコミュニティの中で、ある企画がスタートしたのだ。

 

その企画は選抜制で、選ばれた人は少人数制のグループに参加でき、そこで徹底的に指導してもらえるという企画。

 

でも、1000人以上参加している巨大コミュニティだったので、僕はその企画に立候補したけどあっけなく落選した。

 

そりゃそうだ、コミュニティの中で目立った結果なんて何一つ出してない、こんな俺だ。教える方も実績をガンガン出してる人に教えたいだろう。

 

俺はこういうチャンスもつかめないのかよ…

 

そう思ってむなしくなっているところに、

 

落選した人は僕が教えますよ!と講師のSさんが手を上げてくれたのだ。

 

その人は僕よりも6才ぐらい年下で、当時30才の僕からしたら24才のただの子供に見えたけど、その人との出会いが僕の大きなターニングポイントとなった。

 

その中でも「自分を100%信じること」を教えてもらったことで大きく変われたと思っている。感謝してます。

 

僕を指導してくれた方は当時24才で、その若さで本当にすごいなーと初めて年下の人を尊敬した。

 

そしてSさんのおかげで、ビジネスの世界では年齢はまったく関係がないこともわかったし、実際今では年上の方に僕が指導させていただく機会も増えてきた。

 

ちなみに僕がSさんと同じ24才の頃は、一部上場企業で働いていた。奇跡的に中途入社で受かったのだ。

 

けど、一年も経たずその会社を辞め、その後実家で半年もの間、ニート生活を送っていた。

 

大学まで行かせてもらったのにニートになった自分を、文句ひとつ言わず黙って好きにやらせてくれた両親。

 

毎日出てくる夜ご飯を食べるだけでも心苦しかった。ホント申し訳なかった。あの頃を思い出すと今でも切なくなる。

 

早く抜け出さなきゃって思ってたけど、その時はどうすればいいのかわからなかったんだよ。

 

自分のことを信じることができなくて、何をやってもうまくいかない気がして、ただ傷つくのが怖くて逃げていたんだ。

 

気づけば、あれからもう9年が経つ。

 

もう大丈夫。今では100%自分を信じてる。

 

上場企業を辞めてニートになったボロボロの僕を、両親は100%僕を信じてくれていた。

 

同じ時期にビジネスをスタートした人はほとんど途中で辞めていったけど、僕は辞めることを辞めただけ。

 

そんなことしかできなかったけど、自分にできることを必死こいて継続すれば人は変われることがわかった。

 

結果が出るまで100%自分を信じて、今できることを継続するだけ。

 

それだけでマジで勝てるとわかったから。

 

ニートの自分を100%信じてくれた両親、とりあえず老後の2000万円問題とか政府が騒いでるけど、そんなもん俺に任せておけ。

 

副業をスタートさせた時はリボ払いだったけど、もうリボなしでいけるから。

 

副業からビジネスを始めてもう3年以上経ったけど、この3年は僕の人生の中で間違いなく最も濃い3年間だったなー

 

当時書いていた日記を開いて、いろいろなものがこみ上げてきたけど、3年でここまで人は変われるんだってことに何よりも自分が一番驚いている。

 

転職を繰り返した
25才でニートになった
会社で全然仕事ができなかった
ビジネスもなかなかうまくいかなかった

 

そんな自分でも変われることができた。

 

何か新しいことに挑戦すると、心が折れそうになることもあるし、自分には向いてないのかなと不安になることもあると思う。

 

そういう時、もうちょっとだけ踏ん張ってみてください。

 

最初に燃やしたあの情熱を思い出してください。

 

同じ人間ができることなら、きっとあなたにもできます。

 

こんな僕にでもできたんだから。

 

自分に負けるな!

 

 

あの時、僕をバカにしていた友達。

 

今ではコロッと態度を変え「俺にも教えてくれよ!」なんて言ってきますが、、

 

てめーにだけは、教えねーよ(笑)

 

 

PS

 

結局、ゴールデンウィークにも脱サラすることができず、また予定を変更(笑)

 

二度の延期を経て、お盆明けに無事脱サラしました!(2017年)

 

うまくいくこと、楽しいことばかりではないけど、ようやく働くための人生から「幸せになるための人生」を過ごせるようになった。

 

とはいえ、まだまだ貪欲に上を目指していきます。

 

「あの時、踏ん張った自分よ、、、マジでよくやったな」って、たまには自分で自分を褒めてもいいのかな。

 

ってことで、これからもやったるでぇぇぇ!

1 COMMENT

yasu*

LINE登録しました、yasu*と申します。
帰りの通勤電車の中で読みました。
内容に共感しすぎて、勝手ながら親近感を持ちました。
副業に興味を持ち始めて数日間、毎日MASAKIさんのメルマガ、YouTubeやTwitter読んでます。
一歩踏み出す勇気が湧いてきました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です